スキー&アドベンチャーセンターについて

一般社団法人 赤井川村国際リゾート推進協会(赤井川村DMO)について

北海道の魅力がぎゅっと詰まった北後志の観光情報の発信・予約販売基地として、ウイングベイ小樽にスキー&アドベンチャーセンターがオープンします。

北海道の注目観光エリアである北後志(きたしりべし)にある一般社団法人 赤井川国際リゾート推進協会(北海道余市郡赤井川村、代表理事:渡邊 裕文/以下、赤井川村DMO)は この度、小樽を中心とした北後志エリア(小樽市、赤井川村、余市町、仁木町、積丹町、古平町)の 食・宿泊・遊び・自然における本当の素晴らしさを楽しんでいただける体験型観光情報の発信基地「小樽・きたしりべし スキー&アドベンチャーセンター」 をウイングベイ小樽1番街2階にオープンいたします。

設立の背景

北後志エリア(小樽、余市、仁木、古平、積丹、赤井川)は、魅力的な体験型観光コンテンツが散在し周遊型及び滞在型に適しているにもかかわらず、日帰り旅行のお客様が大半です。例えば、小樽市内では宿泊を伴わない日帰り客が観光入込数の約90%を占めています。日帰り型だけではなく、周遊型・滞在型のための魅力あるコンテンツをテーマ別に数多く提案し、地域としての魅力を点ではなく面として情報発信し、誘客に結びつける機能が必要となっています。

設立の目的

小樽は、北後志地域の観光のゲートウェイとして役割を担っています。しかし、小樽市の統計(平成30年:コロナ前)によると年間約800万人の観光客を呼び込む観光地ではあるものの、その内訳は、道外客40%、道内客約60%、そのうち、宿泊客はわずか10%で連泊係数も1.1泊と低い日帰り観光地になっています。そこで本センターは、アドベンチャー、ネイチャー体験、食体験などのコンテンツが豊富な周遊型観光地としてのポジションを確立し、宿泊客数と連泊数を増進させることを目的としています。北後志地域に存在、潜在する魅力的な体験型コンテンツの商品化、情報発信、予約・販売、手配する戦略的な基地として小樽市内の至便なロケーションに設立し、この地域により多くの周遊型、滞在型客を誘致してまいります。

概要

営業内容
北後志地域の広域連携による周遊・滞在型観光客への情報発信基地としての機能

  • 小樽・北後志地域の体験型コンテンツの紹介と新しいコンテンツの商品化(小樽港クルージング、グランピング、カヤック体験、乗馬体験・観光牧場、ワイン畑・ワイナリー訪問、サイクリング等)
  • ウイングベイ キャンプガーデン「海と空」の運営・予約・販売(実店舗はウイングベイ小樽2番街4階)
  • 周遊バスツアー企画・商品化・販売および促進
  • ロードバイクおよび釣り具のレンタル
  • スキー・スノーボード関連レンタルショップ(シーズンレンタルなどの長期レンタルや各ホテルへのデリバリーを含む)
  • キロロスノーワールドのシーズンリフト券販売 ※1
  • 小樽近郊スキー場のリフト券販売(小樽天狗山スキー場、朝里川温泉スキー場、スノークルーズオーンズスキー場、札幌国際スキー場予定)※2
  • キロロスノーワールドおよび小樽近郊各スキー場への送迎バス案内

※1,※2の各1日券や時間券等のリフトチケット販売開始については秋頃を予定しています。

運営組織

法人名一般社団法人 赤井川村国際リゾート推進協会
共同企画・運営株式会社 New KRH ( キロロリゾート)
協賛株式会社 小樽ベイシティ開発
協力赤井川村,(一社)小樽観光協会、(株)マリーンウェーブ小樽
ホーム » スキー&アドベンチャーセンターについて